ますます有名になった乃木坂46と欅坂46とは?

成功の裏側を見る

コチラを見ている女性アイドル

欅坂46の成功といえば、単純にデビューシングルが当たっただけではありません。乃木坂46と同様の坂道グループとして、それぞれのプロダクトにおいて完結する世界観を紡ぎ出すことにより、そのブランディングを確立していったと言っても良いでしょう。欅坂46の成功は先輩である乃木坂46によるドラマ性の高い映像を次々に作り出して蓄積してきたその先に存在するもので、特にサヨナラの意味というミュージックビデオでは今までのグループのミュージックビデオを作ってきたスタッフを集めて集大成として映像を完成させました。そんなところにもモノづくりをしていく上での緻密な努力と方向性が保たれていることがわかります。こうして見てみると、AKB48グループだけではなく乃木坂46や欅坂46も間違いなく社会において影響力のある活動ができていたと断言できます。それぞれの性質、個性がグループをより巨大な存在に成長させたことは間違いありません。ちなみに欅坂46には「ひらがなけやき」と呼ばれるけやき坂46という下位グループも存在する模様。このけやき坂46は欅坂46のずばり2軍となる位置づけのグループですが、もともと1期生のオーディションにおいて最後の最後で辞退した長濱ねるを特例として合格させ、2期生としてのライバルを作るために作られたとも言われていたりします。乃木坂46の場合は2期生に盛り上がりが欠けていたので、おそらく早いうちから盛り上げるためにけやき坂46というグループを作ったのかもしれませんね。